患者様主体の上質な治療を提供いたします

アクレスティ南千住 アプル歯科医院

歯科医院にありがちな問題として、患者様の意思を聞かずに歯科医師が勝手に治療を進めてしまうことが挙げられます。これは「この症状はこうすればいい」と いう歯科医師の固定観念のためにコミュニケーションをおろそかにしてしまっている例です。本当に質の高い治療とは、歯科医ではなく患者様が主体であるべき だと考えます。

当院は、患者様とのコミュニケーションを大切にし ながら、一人ひとりに最適な治療をご提供したいと考えています。患者様を理解せず、「医師の固定観念」だけにしばられていては、本当に質の高い治療はでき ません。カウンセリングを丁寧に行い、患者様のご意見を大切にしながら、本当に必要な治療を行うことが当院の役割です。

最新機器による安心の治療を

当院は、精密な治療の安全性を高める「歯科用CT」や、痛みや出血、腫れを抑えられるレーザー治療器などの最新機器を完備。全面バリアフリーの院内で、小さなお子様からご年配の方、障がいをお持ちの方まで安心できる環境を整えています。

歯科治療にあったって当院が大切にしていること

歯科治療に対して苦手意識を持っている患者様は多いのではないでしょうか?そうした苦手意識が生じる根本的な原因は、いつ治療が終わるのかわからないことや、患者様の意思に関係なく治療を進められてしまうことなど、患者様と医院の意思疎通に問題があることが少なくありません。当院では、患者様に質の高い治療をご提供するために、以下のような治療方針を定めています。

患者様に不安を与えることなく治療を進めるためには、最終的な方向性をどう見据えていくかが大事です。当院ではカウンセリング時に患者様と十分に話し、治療のゴールを決めてから治療を開始する「トップダウントリートメント」を重視しています。

常に患者様の目線に立って物事を考え、医師主体ではなくあくまでも患者様主体の治療を行います。症状や患者様の訴えに対してその都度臨機応変に対応し、患者様の負担をできる限り減らして長引かない治療を選択しています。

院内風景

当院では全国でも珍しい「歯科用CT」を用意しています。

歯科用CT

歯科用CTの大きな特徴は下記の3つ。

従来のレントゲンとは違い、3Dで立体的にみえる。
CT装置を使用することで、3Dで立体的に患者様の状態を見ることができ、正確・適切な診断が可能です。
個人個人によって違いのある歯や骨の状態、上顎洞粘膜の状態、神経や血管の位置などを正確に把握することができ、インプラント手術の安全性や確実性も劇的に向上しています。
患者様自身にも分かり易い。
CTで撮影したレントゲン画像は、従来に比べて医療知識の無い患者様でもわかりやすいことが特徴です。
自分の歯や骨がどうなっているか、治療によってなにがどう変わったのかが自分の目ではっきりと理解できるため、治療に対する安心感や納得感もより得られるようになりました。
撮影時間は10秒~20秒。
撮影の時間も短時間で、被爆量も医科用CTと比べ非常に少ないのが特徴ですので体の負担もほとんどありません。
今まではわざわざ大きな病院まで赴かなければ診断できなかったものも、当医院で診断できますので、手間や費用も必要以上にかかりません。

エントランス

エントランス

受付・待合室

受付・待合室

キッズルーム

キッズルーム

診療室

診療室